グリストラップのトラブル・お悩み解決は、愛知県名古屋市千種区今池のグッドライフ株式会社にお任せください。

グリストラップの悪臭や排水管の詰まりでお困りの方はお気軽に当社にご相談ください!

名古屋でグリストラップ自動洗浄システムなら
グッドライフ・エコ

〒464-0850 名古屋市千種区今池5丁目2-1 東南ビル3F
                   グッドライフ 株式会社
 

お気軽にご質問受け付けています

052-744-0651

受付時間

 平 日 10:00〜17:00
土曜・日曜・祝日を除く)

グリストラップとは

グリストラップとは

グリストラップのグリース(Grease)またはグリスとはのことであり、トラップとは罠(わな)または溜めておくもの採取することを意味しています。油をひっかけて流出を防ぐ構造に由来し、下水道に直接が流出する事を防ぐ装置です。

特に、油は冷えて劣化すると、固まって下水道の本管などをつまらせてしまうおそれがあるため、業務用の厨房ではグリストラップの設置が義務付けられています。

グリストラップの設置は、自然環境に配慮油を直接排出しないというのが最大の目的ですが、同時に悪臭の流出、昆虫や小動物などの害虫の侵入排水の逆流を防ぐ目的もあります。

また、グリストラップとは、飲食店やホテルのレストランや食堂などで、営業用の厨房から発生する油脂やデンプンなどを含む汚水を、下水道に流れる前に一旦とどめる阻集器のことをいい、オイルトラップ油水分離槽油分離槽ともいわれます。

家庭或いは事業用の厨房で使用した水を、直接、川や海に流すと、川や海が汚れて、水が本来持っている浄化機能を失い荒れてしまいます。

事業用に使う水は、その事業の内容により、水質汚濁防止法及び下水道法の定めにより、特定施設として、排水として、流すことのできる基準があり、その基準をクリアすることが義務付けられています。

グリストラップは、厨房で使用した水の油脂分やデンプンなどの汚れや生ゴミ等を清掃し回収し下水道に流さないようにする装置ですが、排水を自動的にきれいにする装置ではありませんのでご注意ください。

グリストラップ

《クリックすると拡大します》

グリストラップの機能

グリストラップは、排水の中の油脂分の阻集器であり油脂分を分解・処理する装置ではありません。厨房からの汚水の油分をグリストラップ内にとどめて、油分の少ない水を下水や浄化槽に排水します。

たまった油脂分は、毎日の清掃産廃処理するか、清掃業者に依頼して処分する必要があります。

冷えて劣化した油脂分を放置しておくと、グリストラップから悪臭害虫雑菌等が発生して、お店の営業に支障をきたしたりしてしまいます。

また、容量を超えた油脂分は、せき止められずに下水道に流出してしまいます。

劣化した油脂類をきれいに処理せずに下水道に流してしまうと、下水本管をつまらせてしまい、行政から指導・改善命令が出ることもあり、さらには営業停止に至ることもあります。

グリストラップの維持管理

《クリックすると拡大します》

グリストラップの維持管理

グリストラップは、大体が、三つの層でできています。

第一層は、排水に含まれる大きなごみを金網で受けます。

第二層では、油脂と汚物の分離をします。油脂は軽いので上部・水面に溜まり、小さなゴミや汚物スカムは、水中に浮遊するか底部に沈殿します。

第三層が、下水道等に放流可能な水質になります。この部分の水だけが、排水管を通り、下水道に排水されます。

グリストラップを設置していても機能を十分に発揮しなければ、環境を汚染する悪質な汚水を下水へたれ流してしまうことになります。

グリストラップを有効に活用するためには、日常の維持管理が大切です。

・グリストラップの管理責任者を定めて、管理責任体制を確立する。

運転日報を作成し、日常の点検や整備を行い、適切な処理が行われるよう心がける。

※排水管理を行うためには、職場教育により従業員の意識向上を図り、事業場が一体となって取り組むことが必要です。

定期的に清掃を行わないと、グリストラップからすぐに悪臭が発生してしまいます。

また、汚れが残っているとグリストラップの処理機能が低下し、より悪臭や害虫が発生しやすくなります。

グリストラップの容量

《クリックすると拡大します》

グリストラップの容量

グリストラップを設置する場合は、設計計算をし、適切な容量のグリストラップを選定する必要があります。必要容量より小さいグリストラップを選定すると、油と水が分離する前に汚水が下水管に流出し、排水管内で油が冷やされて劣化し固化することにより下水管を詰まらせる恐れがあります。

飲食店やレストランの規模が大きいほど、グリストラップの容量が大きくなります。

大きくなっても自浄作用能力を持っていないので、定期的な清掃が必要になります。

特に夏場など、グリストラップからの悪臭が強烈な中で大量の廃油を処理するのはと手もつらい作業ですが、手遅れになる前に、定期的にグリストラップを清掃することがとても重要です。

《クリックすると拡大します》

グリストラップ清掃の大切さ

グリストラップを清掃せずに放置した場合のトラブルや起こりうることは?

①厨房で悪臭が発生します。

⇒職場環境が悪化し、スタッフの作業効率やモチベーションが下がります。調理のクオリティが落ちたり、人員がすぐに離職したりといったリスクがあります。

②客席に悪臭がただようことがあります。

⇒一度悪臭を感知されたら、そのお客様がリピートする確率は急降下すると思っていいでしょう。悪評も広がり、売上低下を招きかねません。

③店外に悪臭がただようことがあります。

近隣の住民や店舗から苦情が入り対応に追われます。通りすがりの人にも感知されてしまうため、エリア全体のイメージ低下が起こり、集客が低下しかねません。

④厨房での害虫発生。

スタッフのモチベーションが下がるばかりか、提供するメニューにも混入する可能性があります。また、雑菌を持った害虫が厨房を歩き回ることで、調理環境全体が不衛生になってしまいます。

⑤客席での害虫発生。

⇒フロアや店内を動く害虫を発見されたら、そのお客様はよほどの理由がないかぎりリピートはしないでしょう。当然悪評も広がります。害虫は悪臭よりも大きなインパクトとなり、経営に大きな打撃を与えかねません。

⑥店外での害虫発生。

⇒いわゆる不衛生な繁華街としてのレッテルが貼られます。ゴミの周囲に害虫がいる様子が目撃されたら、潜在的な顧客も取り逃してしまうでしょう。

⑥食品からの食中毒発生。

⇒害虫だけではなく、コレラ菌、O157など病原性細菌、ノロウイルスなどの病原性ウイルスに起因した食中毒の発生は経営悪化だけではなく、損害賠償責任など社会的に見ても大きな問題に発展する可能性があります。

手遅れになる前に、定期的にグリストラップを清掃することがとても重要です。

グリストラップ清掃とても楽になり、悪臭害虫発生を抑えることができる、グリストラップ自動浄化装置「グッドライフ・エコ」お問合せはこちらから。

グッドライフ・エコについて

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

 お気軽に、ご質問ください!

052-744-0651

受付時間:平日 10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

営業時間外でも留守電に伝言いただければ、後日、お電話さしあげます。

お問合せはこちら

お気軽にご質問受け付けています。

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話さしあげます。

6月~7月 営業日

6月の営業日
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

 

7月の営業日
      1
345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールお問合せはこちら

営業時間

10:00~17:00 (平日)
※土・日・祝日を除く。

電話お問合せはこちら

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話せていただきます。