グリストラップのトラブル・お悩み解決は、愛知県名古屋市千種区今池のグッドライフ株式会社にお任せください。

グリストラップの悪臭や排水管のつまりでお困りの方はお気軽に当社にご相談ください!

名古屋でグリストラップ自動洗浄システムなら
              【グッドライフ・エコ

〒464-0850 名古屋市千種区今池5丁目2-1 東南ビル3F
                   グッドライフ 株式会社
 

まずはお気軽にお問合せください!

052-744-0651

受付時間

 平 日 10:00〜17:00
土曜・日曜・祝日を除く)

グリストラップの設置基準

グリストラップの設置基準

ここでは、グリストラップの設置基準について説明させていただきます。

どうぞ、参考になさって下さい。

グリストラップの設置基準について

グリストラップの設置基準

《クリックすると拡大します》

グリストラップの設置基準

グリストラップの設置基準は法律で定められいませんが、飲食店を始める場合建築基準法により、排水の水質基準が定められています。排水による水質汚濁を防ぐための基準です。(建設省公示第1597号 水質汚濁防止法)

下水道法でも汚水の垂れ流しを禁じていますので、グリストラップの設置が必要になります。(建設省公示第1597号 下水道法)

そのため、レストラン、ホテル、食堂、給食センターなどすべての業務用の厨房には、グリストラップの設置が、事実上義務づけられています。

名古屋市の下水排出の水質基準
水質検査項目

下水道条例の

排水基準値

ノルマルヘキサン抽出物質(動植物油脂含有量)30mg/未満
BOD(生物化学的酸素要求量)600mg/未満
水素イオン濃度(pH)を越え 未満

※細かな水質基準は自治体によって異なります。

名古屋市の厨房排水の水質基準

下水道へ流す排水については、下水道施設の機能保全と公共用水域の水質保全の目的から「下水道法」及び「名古屋市下水道条例」により水質基準が設定され、水質規制が行われています。

ただグリストラップを設置すれば良いのではなく、下水に排水される水質の基準を超えない設備が必要になります。
排水基準としてノルマルヘキサン抽出物質含有量が、1リットル中に30ml以下の数値でないといけません。
もし大型の飲食店が小店舗用のグリストラップを取り付けたら、排出される油分の許容量は簡単に超えて、排水の水質は基準を上回る汚染になるでしょう。

グリストラップが設置される基準は、店舗の面積や1日当たりの排水量を考慮して決めなくてはなりません。

自治体の水質検査で不合格を指摘された飲食店様で、グッドライフエコを導入後に、2年連続で検査に合格水質を改善した実績があります!

厨房排水の水質改善事例はこちらをクリック

グリストラップ設置の届け出

《クリックすると拡大します》

グリストラップ設置の届け出

グリストラップを設置するには届け出が必要です。所轄の自治体か下水局に確認しておきましょう。
排水を下水に流さないのであれば取り付ける必要はありませんが、土壌汚染になるため自治体保健所が開業許可を出さないでしょう。

《クリックすると拡大します》

グリストラップの規格

設置するグリストラップの大きさは、開業する店舗の面積や客数、主に提供する料理の内容(油や汚れ物が多いかどうか)などから最適なサイズが決められます。
これらの要素が、店舗から排水される汚水の水質基準に大きく影響するからです。
大きな店舗になるほど設置するグリストラップも大きなものになります。
小さなものなら店内に設置できますが、大きなものになると屋外の設置になることがあります。

また、小さすぎるサイズのグリストラップを選定してしまうと、後で大変なことになります。小さいサイズでは溜め込むことのできる油分の容量を簡単に超えてしまいますので、そうなると油分がオーバーフローし、下水に流れ込み、水質基準を超え悪い水質となり下水道法に抵触します。
そして、汚れるのが早いのでグリストラップ内の悪臭害虫が発生しやすくなり、客足にも影響します。
価格などを気にして、排水設備をおろそかにすると良いことはありません。

一旦、グリストラップを設置すると入れ替えるのはなかなか難しいので、少し余裕のある最適なサイズのグリストラップを選定し使用することが、後々のためにとても大切です。

グッドライフ・エコの役割

《クリックすると拡大します》

グッドライフ・エコの役割

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」は、グリストラップ内の油脂分を最新のバイオの力で確実に分解し、排水パイプの配管内部の汚れも同時にバイオで分解し、汚水をきれいな水に浄化してにして排水するため、自治体下水道部で指導されている清掃の負担を軽減します。

グリストラップの底部に溜まった残渣は、悪臭を出します。指導では、週1回の清掃となっていますが、残渣による悪臭は、2~3日で、発生して来ます。この悪臭を、夜間にオゾンで除去し、さらに、害虫・アブラムシ・ネズミなどの侵入や雑菌などの発生を防ぎます。

グッドライフ・エコの運転

《クリックすると拡大します》

グッドライフ・エコの運転

(1)厨房での作業が終了してから、グリストラップ・エコのバイオ液を40分間、滴下させます。(タイマーで自動滴下します)

(2)滴下後、翌日の厨房の作業開始まで、濃度0.15ppmのオゾンをグリストラップ内に供給しながら曝気(ばっき)運転をします。

(3)エアレーション(曝気)による酸素の供給で、バイオが増殖します。同時に、バイオ油脂を分解し、オゾン消臭効果を増幅して、グリストラップ内の悪臭の元を分解します。また、オゾンの力で、害虫(コバエやアブラムシ等)の発生を抑え、ネズミなどの侵入も防ぐことができ、さらにウィルスや大腸菌などを滅菌します。

(4)翌日の厨房での作業開始後は、曝気運転を停止します。(厨房での作業中に曝気運転すると、油を含む残渣が下水道管に流れ込むからです。24時間の曝気運転は、自治体から厳しく取り締まられています。)

(5)金網かごの中の大きな生ゴミは、厨房の作業員の方々で取り除いて下さい。

(6)バイオ滴下時間とオゾン曝気運転時間は、タイマーで設定できます。

24時間曝気運転は、自治体から禁止されていますが、グッドライフ・エコの曝気運転は、厨房からの排水が下水に流れない夜間運転のみにタイマーで設定されています。

また、東京都の東京都健康安全研究センターでは、「グリース阻集器に排水が流入しない時間帯であれば、ばっ気装置等の使用には支障がないので、油脂の流出のない営業時間終了後のみ運転し、グリース阻集器の清掃を適切に実施してください」と指導&推奨しています。

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」のお問合せ&お申込みはこちらから!

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

 まずはお気軽にお問合わせください!

052-744-0651

営業時間:平日 10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

営業の時間外でも、留守電にご伝言いただければ、後日、折り返しお電話させていただきます。

お問合せはこちら

まずはお気軽に、
お問い合わせください。

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話さしあげます。

8月~9月 営業日

8月の営業日
  45
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

夏期休日;8/10~8/16
 
*8/17~通常営業致します

9月の営業日
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

 

メールでのお問合せは24時間受け付け致しております。

メールお問合せはこちら

営業時間

10:00~17:00 (平日)
※土・日・祝日を除く。

電話お問合せはこちら

052-744-0651

営業時間外でも留守番電話に、ご伝言をいただければ、後日、折り返しお電話させていただきます。