グリストラップのトラブル・お悩み解決は、愛知県名古屋市千種区今池のグッドライフ株式会社にお任せください。

グリストラップの悪臭や排水管の詰まりでお困りの方はお気軽に当社にご相談ください!

名古屋でグリストラップ自動洗浄システムなら
グッドライフ・エコ

〒464-0850 名古屋市千種区今池5丁目2-1 東南ビル3F
                   グッドライフ 株式会社
 

お気軽にご質問受け付けています

052-744-0651

受付時間

 平 日 10:00〜17:00
土曜・日曜・祝日を除く)

グリストラップ清掃の頻度について

グリストラップ清掃の頻度について

排水設備であるグリストラップが汚れている場合、処理しきれな い油類はすべて下水道排水槽浄化槽に流れ込んでしまいます。

油を流し続けると、排水管がつまって閉塞したり、浄化槽や下水処理施設での水質浄化に支障をきたしたりする ことがあります。

また、排水槽等が汚れる原因としてグリストラップの管理が不適切であ る場合が非常に多く、排水槽や浄化槽の管理が不適切である場合と同様に、硫化水素など の悪臭衛生害虫発生源となります。

こちらでは、グリストラップ清掃の頻度についてご説明させていただきます。どうぞ、参考になさってください。 

グリストラップの清掃の頻度は

グリストラップの日常清掃

《クリックすると拡大します》

グリストラップの日常清掃

グリストラップの清掃を怠ると機能が低下するだけでなく害虫や悪臭の発生につながります。
日常の清掃を徹底し、グリストラップが有効に機能するようにしましょう。

①食品などのごみ毎日の清掃が必要
清掃方法 :金網のバスケットで食品ごみ(割り箸、ストロー、スプーンなどが入り込む時もあります。)を受けて、取り除く。または専用のネットを金網にかぶせ、食品ごみをネットごとすくい上げる。

②油膜毎日清掃。少ない場合でも週に1回の清掃が必要。
油脂には、細かいごみが付着しており、動物脂の場合には冷えると固まります。
清掃方法 :ひしゃく等ですくう。または、グリース用シート(ポリプロピレン製など)を使用して油脂を吸着させ、産業廃棄物として処分します。

③沈殿物 週に1回以上、沈殿物が溜まっていないかどうか確認し、溜まっている場合には清掃が必要。
沈殿物は細かいごみや油脂などでヘドロ状になっています。
清掃方法 :ひしゃく等ですくい、
産業廃棄物として処分します。

④排水トラップ内部の清掃 ※2~3ヶ月に1回実施3槽目のトラップ管内も忘れずに掃除してください。トラップ管のキャップは臭気止めなので、清掃後は忘れずに元に戻して下さい。

グリストラップの清掃についての注意点

グリストラップの内部の排水の流れ

《クリックすると拡大します》

①厨房等の排水には油脂が多く含まれており、そのまま流すと排水管下水管がつまるおそれがあります。
そこで、グリストラップの内部で排水の流れを遅らせ、油脂を浮上させます。
この油脂を除去することで、排水管や下水道に油脂が流入することを防いでいます。
したがって、下記のことは油脂の除去の妨げになるので、やめましょう。
・グリストラップ内の仕切り板を取り外す。
・トラップ管のキャップを外す。
・熱湯を流す。

②食品などのごみは一般廃棄物油膜沈殿物産業廃棄物として処理しなければなりません。廃棄物の収集運搬業許可業者に依頼し、適切に処理してください。

グリストラップの洗浄について

グリストラップの洗浄

《クリックすると拡大します》

こまめに清掃をした場合でも、汚れや油脂がこびりつきます。

そのため、2~3ヶ月に1回グリストラップの洗浄が必要です。

洗浄はごみを取り除いた後、汚れた水をくみ取り、専用の洗剤でグリストラップの汚れを落とします。

洗浄作業をおこなう会社もありますので、依頼する事も可能です。

排水の水質基準

排水の水質検査

《クリックすると拡大します》

飲食店レストラン等の店舗から下水道へ排水する際の水質基準のうち、油脂に関するものは次のとおりです。
動植物油脂類含有量:1リットルにつき30ミリグラム(=0.03グラム)以下。

通常、ラーメンの残り汁には多くの脂質が含まれるため、回収することが望ましいのですが、排水する場合は最低でも90パーセント以上の脂質を取り除く必要があります。

グリストラップを正しく管理清掃している場合でも、排水量が急激に増えたときなど、油脂が流れるときがあります。調理で出る油脂が下水道に流れないように、普段から注意する必要があります。放置すると腐敗悪臭の原因となり、細菌雑菌が繁殖し、ネズミ害虫が発生します。

① 食用油は流しに捨てず、廃棄物処理業者に処理を依頼してください。

②食品のごみはそのまま流しに捨てず、必ず目の細かい網で取るようにしてください。

グリストラップのバキューム洗浄について

バキュームカ-によるグリストラップ内洗浄

《クリックすると拡大します》

油分の固着悪臭の原因を根こそぎ清掃するためには、バキュームカ-によるグリストラップ内の排水の汲み上げ、洗浄を行う方法があります。

環境保全と、油分の固着による悪臭の発生を予防するためのグリストラップは、定期的な浮上油の回収が必要です。

バキュームカーの使用により、グリストラップ内の汚泥を引き抜き清掃します。

バキュームカーが使用できない場合には、油吸着剤カルミックオイルバインダーを使用する場合があります。無害なセルロース材質で悪臭を吸着しながらの作業が可能です。

バキューム洗浄の作業頻度は、通常 毎月(12回/年)の依頼が必要となります。

排水管の高圧洗浄について

汚水が溢れ出てしまった厨房

《クリックすると拡大します》

グリストラップを設置してあっても排水内には油分が含まれています。

これが徐々に排水管内に付着していくため、そのままにしておくと排水管がつまってしまいます。

また、付着し固まってしまった油脂分は、排水管をつまらせ汚水を逆流させるばかりでなく、悪臭の元ともなりますので、一定の頻度で排水管を清掃する必要があります。定期的な点検と清掃で、排水管のつまり悪臭を予防することができます。

一度つまると、たびたび排水管つまりが繰り返し発生してしまいます。

そのため、高圧洗浄等による洗浄の作業頻度は、通常 2回/年ほど業者への依頼が必要となります。

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」お問合せ&お申込みはこちらから!

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

 お気軽に、ご質問ください!

052-744-0651

受付時間:平日 10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

営業時間外でも留守電に伝言いただければ、後日、お電話さしあげます。

お問合せはこちら

お気軽にご質問受け付けています。

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話さしあげます。

6月~7月 営業日

6月の営業日
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

 

7月の営業日
      1
345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールお問合せはこちら

営業時間

10:00~17:00 (平日)
※土・日・祝日を除く。

電話お問合せはこちら

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話せていただきます。