グリストラップのトラブル・お悩み解決は、名古屋市千種区今池のグッドライフ株式会社にお任せください。

グリストラップの悪臭や排水管のつまりでお困りの方はお気軽にご相談ください!

名古屋でグリストラップ自動洗浄システムなら
              【グッドライフ・エコ

〒464-0850 名古屋市千種区今池5丁目2-1 東南ビル3F
                   グッドライフ 株式会社
 

気軽にお電話でお問合せください!

052-744-0651

受付時間

 平 日 10:00〜17:00
土曜・日曜・祝日を除く)

グリストラップ 汚泥処理方法について

歳末に、今年一年の感謝の気持ちを込めて‼

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」の

とてもお得な歳末感謝キャンペーン実施中です!

①本体価格を30%OFF、標準取付工事費を50%OFFでご提供中です

【ホームページ限定】バイオ製剤を1本、無料で進呈させていただきます!

  ➡ 5年リースでご契約の場合、月々 8,200円で導入可能です!

お急ぎであれば、年内に設置工事を完了させていただきます!

  ➡   年末年始の繁忙期に、グリストラップ清掃の負担を軽減できます!

現在実施中の、歳末感謝特別キャンペーンはこちら!

グリストラップの汚泥処理方法について

グリストラップ内にたまる汚泥や、冷えて劣化し固形化した油脂類を放置したり、処理槽や内部の清掃を怠ると、悪臭害虫の発生排水管のつまり汚水の逆流を起こしてしまう場合があります。

未然にトラブルを防ぐためには、プロの業者に依頼して、定期的に回収&運搬などを実施することをおすすめします。

こちらでは、グリストラップの汚泥処理方法についてご説明させていただきます。どうぞ、参考になさってください。 

グリストラップの汚泥処理方法

グリストラップに溜まる汚泥

《クリックすると拡大します》

グリストラップに溜まる汚泥とは

グリストラップには、調理油、調味料、細かい食べくずなどが溜まります。

こうして溜まった油脂汚泥は「スカム」「スラッジ」と呼ばれ、どんどん堆積されていきます。

グリストラップに入る前の生ゴミなどは一般廃棄物になりますが、グリストラップの底に沈殿したスカムスラッジ産業廃棄物となるため、産業廃棄物収集運搬業者と最終処分業者を介して適切に処理しなければなりません。

これに違反すると……事業者と運搬業者の双方に刑罰が科されます。
さらに、グリストラップに溜まったスカム・スラッジで排水溝・排水管に詰まりや破損が起こると、数百万円もの高額な修繕費が発生してしまうことがあります。

スカムとは繊維質、油脂質、細菌などが浮上して、水表面に浮いてできる厚みのあるスポンジ質の泡のことを言います。

スラッジとは、グリストラップの底部に沈殿・蓄積する、ヘドロの様な汚泥のことを言います。

グリストラップの汚泥の処理

《クリックすると拡大します》

グリストラップの汚泥の処理方法

グリストラップに溜まった汚泥廃棄物を除去する為には、毎日清掃をして取り除くか、業者に依頼してバキューム清掃を定期的に実施する事が必要になります。

【バキューム清掃作業では】
① 油脂分の汚泥及び蓄積物等をバキューム車を使用し除去する。
② グリストラップ内に付着している油分汚泥を取り除く。
③ 水酸化カリウム等を使用し油分等を完全に除去する。
④ トラップ管を外して排水管内に付着している油分等を取り除く。
⑥ バキューム車で吸引しながら仕上げ洗浄をする。
⑦ 受カゴ・仕切り板・トラップ管を確実に取り付け一定の水位まで補給する。
⑧ グリストラップの周囲を汚した場合は洗い流す。

グリストラップの汚泥処理ついての注意点

グリストラップの汚泥

《クリックすると拡大します》

グリストラップの汚泥は、産業廃棄物となります。

レストラン・ホテル・旅館・飲食店などの事業活動によって生じた汚泥は、産業廃棄物です。

廃棄物処理法では産業廃棄物を出す者(排出事業者)に対して、以下のようなことを定めています。

  • 産業廃棄物は、廃棄物処理法に基づいて、適正に処理しなければなりません。処理とは、産業廃棄物を「収集運搬」「処分」することをいいます。
  • 事業者は、事業活動によって生じた全ての産業廃棄物自らの責任において、処理しなければなりません(排出事業者責任)
  • 処理を委託する場合は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に処理を委託しなければなりません。
  • 処理を委託する業者と委託契約書を書面にて行わなければなりません。
  • 処理を委託する際に、処理業者に対してマニフェストを交付し、処理終了後に処理業者からその旨を記載した写しの送付を受けることにより、委託内容どおりに産業廃棄物が処理されたことを確認しなければなりません。

【 罰 則 】

①投棄禁止違反・・・〈内容〉廃棄物をみだりに捨てること⇒【刑罰】5年以下の懲役または1000万円以下の罰金(法人は1億円まで加重可)またはこの併科。

②無許可業者への委託・・・〈内容〉事業者が許可を受けた処理業者以外のものに廃棄物の処理を委託すること⇒【刑罰】5年以下の懲役または1000万円以下の罰金(法人は1億円まで加重可)またはこの併科。

③委託基準違反・・・〈内容〉事業者が処理を委託する際に、委託基準に違反すること⇒【刑罰】3年以下の懲役または300万円以下の罰金またはこの併科。

④マニフェスト交付義務違反・・・〈内容〉マニフェストの不交付・記載漏れ・虚偽記載を行うこと⇒【刑罰】6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金。

清掃業者にはマニフェスト交付が課せられています

清掃業者によるグリストラップから発生したゴミの処理

《クリックすると拡大します》

グリストラップから発生したゴミは産業廃棄物として処理しなければならないため、廃棄物処理業者にはマニフェスト(産業廃棄物管理票)の交付が義務づけられています。

マニフェスト制度は、産業廃棄物の不法投棄を未然に防ぐこと、排出事業者責任の明確化のために設けられています。

マニフェストには、廃棄物の名称運搬事業者名処理時業者名など、ゴミの流れが明確化されるよう記載項目が決められています。

処理を委託する側は、処理業者から交付されたマニフェストを確認する必要があります。

産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)の交付にあたって、マニフェストの交付義務があるのは、排出事業者であり産業廃棄物処理業者側ではありません。

マニフェストは一般的に7枚複写の票からなっています。これに環境省令で定める事項を記載し、廃棄物の処理の行程ごとに終了の報告(管理票の写しの送付)を受けていくことで、排出事業者が当該産業廃棄物の最終処分までを確認することができ、産業廃棄物の処理状況が把握できます。

廃棄物処理に関する用語とルール

産業廃棄物に関する決まり事やルール

処理・処分・最終処分の関係図

産業廃棄物に関する決まり事ルールには、様々な専門用語が存在します。

特に勘違いしやすい単語は『処理』『処分』『最終処分』の3つです。

この3つの単語は「マニフェストには『最終処分場』の場所を書きなさい」や「『処分』業者と契約を結びなさい」など、多くの場面で用いられる単語でもあります。

この3つを正しく理解していないと違反を行ってしまうリスクがあります。

『処理』=「収集運搬」+「処分」

『処理』は廃棄物を扱うすべての行為を表します

『処分』=「中間処理」+「埋立」
焼却・破砕などのように残さが発生する処分を「中間処理」といいます
『処分』はこの「中間処理」と「埋立」があります

『最終処分』=「埋立」+残さが有価物になる「中間処理」
廃棄物が、廃棄物でなくなる処分を『最終処分』と言います。

3つのうち、最も分かり辛い単語は『最終処分』です。

『最終処分』は「埋立」だけだと誤解される方もいますが、最終処分は「廃棄物でなくなる処分」を指します。つまり、埋立処分だけでなく残さが有価物に変わる中間処理は『中間処理』に該当すると同時に『最終処分』にもあたります。

『最終処分』は「埋立」だけだと誤解を生む原因の一つは「最終処分場」という言葉です。「最終処分場」は埋立処分場のみを指す言葉です。そのため、似た用語である『最終処分』も「埋立」のみを指すと誤解されることがあります。

用語を正しく理解し、使い分けられるようにしましょう。

現在、グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」をご利用いただいている飲食店様や大手飲食チェーン店様ホテルのレストラン様など、導入後にすべてのお客様から大変ご好評をいただいております。

今までに、色々なグリストラップ洗浄装置を試された方へ⁉

他のグリストラップ洗浄装置を導入して効果がなく、過去ににがい経験失敗した経験のある ❝ 飲食店様(オーナー様) 必見です!

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」が、清掃の常識を変えます!

※悪臭が導入後2~3日で消え、年間を通して悪臭を解消できます!

 ※グリストラップの清掃が、本当に楽になります!

 ※グリストラップからの害虫発生を抑えます!

 ※排水をキレイに浄化し、排水管のつまりを解消します!

 ※効果は本物です!

 ※グッドライフ・エコ採用のお店は、どこも益々繁盛!

設置後1週間で効果を実感できなければ…

キャンセル可能です! 費用はいただきません!

グリストラップ自動洗浄装置「グッドライフ・エコ」のお問合せ&お申込みはこちらから!

【現在、とてもお得なキャンペーンを実施中です!】

※お電話でのお問合せはこちら、

052-744-0651 まで!!

また、メールでのお問合せ・お申込みは24時間受け付けております。

お気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

 お気軽にお問合わせください!

052-744-0651

営業時間:平日 10:00〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)

営業の時間外でも、留守電にご伝言いただければ、後日、折り返しお電話させていただきます。

お問合せはこちら

気軽に、お電話で
お問合せください!

052-744-0651

営業時間外でも留守電に伝言していただければ、後日、お電話さしあげます。

12月~ 1月 営業日

12月の営業日
     
456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

 

 1 月の営業日
 123456
78910111213
14151617181920
17181920212223
21222324252627
28293031   

 

【年末年始休日のご案内】
   誠に勝手ながら、
  12/29 ~ 1/8まで
 お休みさせていただきます


メールでのお問合せは24時間受け付け致しております。

メールお問合せはこちら

営業時間

10:00~17:00 (平日)
※土・日・祝日を除く。

電話お問合せはこちら

052-744-0651

営業の時間外でも留守番電話に、伝言を残していただければ、後日、折り返しお電話させていただきます。